無料で持てる記憶領域オンラインストレージのドロップ・ボックス(Dropbox)

この記事の目的は、あなたに、
「無料でオンライン上の記憶領域を手にいてれもらうこと」です。

 
「フレッツ光を契約したから記憶領域が付いてきた!」とかではなく、
単体として、「オンラインストレージである記憶領域」を持つと、
「インターネット回線を変更したら記憶が消えちゃった」という心配がなくなりますよ。
 
スマートフォンを購入する際に、
「雲の上にデータを保存できる、記憶領域「クラウド」が、
◯ギガ付いてきますよ~」とか聞かされたりしますよね。
 
「オンラインストレージ」は、その「クラウド」のようなもので、
クラウドとかオンラインストレージは、どちらも『オンライン上の記憶領域』です。
 
それぞれの違いについても、この記事で触れておきますね。
 

オンラインストレージサービスドロップ・ボックス(Dropbox)とは

今回ご紹介するのは、『オンラインストレージサービス』の、
『ドロップ・ボックス(Dropbox)』です。

⇒ 500MBのボーナス付きで、ドロップ・ボックスを無料で始めてみる

このサービスは、

● 必要なデータをわざわざUSBに保存して持ち歩く必要がなくなる
● 自分のハードディスク領域を使わずに、個人的なデータの保存が可能
● 保存したデータ(テキスト・画像・音声等)を友人と共有

など、とにかく便利に活用できる記憶領域です。

パソコンに保存した大切なデータがクラッシュして、
取り返しがつかない、などといったことも防ぐことができます。

ドロップ・ボックスの使いドコロ

『ドロップ・ボックス』は、
あなた自身が自由に利用することができる
保存領域として活用していただければ大丈夫です。

個人的な活用法としては、

● 単純に、USBメモリーや外付けHDのように活用する
 
● 作成中のテキストを外出先で開いて、移動時間を利用して完成させる。
 
逆に、
 
● 外出時に行った作業の続きを、ダイレクトにパソコンで行なう。

このような活用が可能になります。

また、パソコンのバックアップを、
「外付けハードディスクで行っている」
という人は多いと思います。

しかし、そのバックアップ自体に、
何らかの不具合が生じてしまうことも考えられますよね。

『ドロップ・ボックス(Dropbox)』のような
「オンラインストレージサービス」を活用すれば、
そうした被害を避ける事ができます。

少なくとも、ハードディスクのように
物理的な被害を与えてしまう心配はありません。

アフィリエイトを学ぶための
『情報教材』や『特典』の保存場所に活用することもおすすめです。

データの保存場所として一般的なのは、

● 普通にパソコンのHDに保存
● 外付けハードディスクに保存
● USBメモリーに保存
● SDカードに保存

これらのものだと思います。

しかし、上述したように、
物理的に割れる、折れる、壊れる、というリスクは少なからずありますよね。

「ドロップ・ボックス(Dropbox)」のような、
「オンラインストレージサービス」を利用すると
壊れることでデータを失うことを避けられるのです。

これで、もう1つ上の安心が得られるとは思いませんか?

⇒ 500MBのボーナス付きで、ドロップ・ボックスを無料で始めてみる

『クラウド』と『オンラインストレージ』と『サーバー』とは

「オンラインストレージサービス」や「クラウド」とは何か。

また、
同様に、オンライン上の記憶領域「サーバー」との違いについて
調べたので、僕の理解をお伝えしますね。

クラウドとは、コンピュータのネットワーク
クラウドコンピューティングといって、
ネットワークの中で処理が行われるものです。

まず、この「クラウド」というものがあり、
その「クラウド」が提供するサービスの1つとして、
「オンラインストレージ」があります。

そして「サーバー」も同様に
「クラウド」が提供するサービスの1つです。

どれも共通しているのは、
『オンライン上に存在する記憶領域』という部分ですね。

オンラインストレージの『ストレージ』というのは、

『記憶』という意味です。

つまり「オンラインストレージ」とは、
『ネット上にデータを記憶できるサービス』
(データ保管サービス)ということです。

図に示す最下層の物は、
オンラインで使用する記憶領域ではありませんよね。
いわば“オフラインストレージ”ということになります。

何かを契約することでもクラウドサービスがついてきますが…

僕は、フレッツ光を契約してインターネットを接続しています。

フレッツを契約した際に、
オンラインストレージサービスが付随されていました。

例えば、
スマートフォンを契約する際にも、「クラウド」が無料で付いてきたりしますよね。
それと同じように、サービスとして付属されているのです。

フレッツのオンラインストレージサービスも、
契約者は無料で使うことができます。

ただ、フレッツに確認したところ、
「解約した時点でデータは帰りません」との回答でした。

僕は現在のプロバイダや回線事業者と、いつまで契約するかわからないので、
無難にサービスを受けることを遠慮しています。


「回線事業者の変更時にうっかりデータを落とし忘れた」
なんてことがあったら、考えるだけでも恐ろしくありませんか?

あなたが、「プロバイダや、回線事業者を全く変更しない」という場合は、
特に問題もないので、ありがたくサービスを受ければよいと思います。

無料オンラインストレージのドロップ・ボックスなら

ドロップ・ボックス(Dropbox)は、それ自体が単体なので、
「回線事業者の変更時に、うっかりしてデータが消えた!」なんてことはありません。

しかも、無料で2GBの記憶領域を利用することができます。
便利機能がたくさんついたSDカードを手に入れた感じですね。

ただ、無料で使いたい場合、初期容量は2GBです。

2GBではものたりませんか?

条件を満たせば、無料でも16GBまで容量を増やすことが可能ですよ。
もちろん有料で記憶領域を増やすことも可能です。

個人向けには、無料の『Dropboxベーシック』と、

『Dropbox プロ』月額1,200円 容量 1 TB
共有管理機能や遠隔削除機能が追加されています。

登録直後に2GB以上で始めることもできます

通常、ドロップ・ボックスを無料で登録した場合は、
上述したとおり2GBから始まります。

でもですね、ちょっぴりお得に始めることができる
ボーナスリンクをご用意しました。

500MBのボーナス付きでドロップ・ボックスを無料で始めてみる!!

上にご用意したリンクから「ドロップ・ボックス(Dropbox)」を登録すると、
あなたのコンピュータにインストールした時点で、通常より500MB多い、
2.5GBの保存領域から始めることができます。

このリンクは、「ドロップ・ボックス」を登録して利用している人なら
誰でもこのリンクを用意することができるものです。

そして、紹介した本人にも、保存領域が500MB増える
『ボーナスリンク』なんですね。

ですので、僕が用意した上記のリンクから、
あなたがドロップ・ボックスを登録した場合は、
あなたと僕、双方に500MBずつのボーナスが与えられます。

そうして始めたあなたが、他の誰かにご自身のリンクを紹介することで、
あなた自身の保存領域が、500MBアップするのです。
(その場合は僕には何のボーナスも発生しません。)

紹介していくことで、最大16GBまで
無料で自分の保存領域を増やすことができる、
というシステムになっています。

「オンラインストレージサービスを活用してみよう」と思われたなら、
ドロップ・ボックスを無料で始めてみてください。

500MBのボーナス付きでドロップ・ボックスを無料で始めてみる!!

このBlogを書いている染井とはこんな人です。