ページ内検索方法/「css」の編集箇所探しなど、目当ての文字列を簡単に探す方法【Windows】

HTMLやCSSなど、たくさんの文字列がある中から変更を加えたい時に
目当ての文字列を探すのは大変ですよね。
今回は、簡単に目当ての変更箇所、文字列に辿り着く方法をご紹介します。

つまりは、『ページ内検索』のやり方紹介です。
サイトページ内に、「特定の文字列(キーワードなど)が
いくつ存在するか知りたい」時などにも重宝する方法です。

ブログやサイト運営をしていると、膨大な量の文字列の中から、
「特定の文字列」があるところを探す機会は多いです。

そんな時に、簡単に『目当ての文字列』の場所がわかる方法があります。
それが『ページ内検索』です。

簡単なショートカットキーがありますので、お伝えしてしまいます。

『Controlキー』 + 『Fキー』  です。

簡単に文字列がみつかる『ページ内検索』方法

すでにお伝えいたしましたが、

『Controlキー』 + 『Fキー』  

これが『ページ内検索』のショートカットキーです。

このキーを実行すると、画面内に『検索窓』が表示されます。

お使いのブラウザによってことなりますが、
機能は同じものです。

例えば、
WordPressブログで、『外観 ⇒ テーマの編集』から
colorの変更をしたい場合に、編集箇所を簡単に探したいとしたら、
ページ内検索を利用して、容易に編集箇所がみつかります。

kensakumado

上の画像は、『Control + F』で表示させた検索窓に、
「color」と記載し、検索している状態です。

右側に、『14/15』という表示がありますね。
これは、「このページ内に、『color』というワードは15箇所あり、
そのうちの、14番目を見ていますよ」という意味を指しています。

そして、
これを実行した画面が以下の画像です。
このように、検索ワードがハイライトされます。

kensakumado02

検索したワードが複数存在する場合は、
『エンターキー』を押してみてください。

1つ下のワードにジャンプすることができます。

CSSやサイト内以外でも『ページ内検索』は重宝します

今回ご紹介した『ページ内検索』は、
他にも活用できるシーンがあります。

例えば、
PDFファイルの文章から、特定の文字列を探したい時も、
どうように、『Control + F』で検索窓を表示させることが可能です。

マイクロソフトワードの場合は、
『検索と置換』のウィンドウが立ち上がりますから、
検索機能を活用すれば同様のことが行えます。

また、
あなたが仕上げたブログ記事の中に、
検索エンジンにヒットさせたいキーワードが、何箇所存在しているか。
それを調べる時にも便利な方法です。

利用箇所が多い『ページ内検索機能』。
うまく活用してくださいね。