文字入力をしていると、よく使う文章、よく使う単語が
多くあることに気付かされませんか?
 
そして、多用する言語にかぎって、「入力しにくい」とか、
「誤入力してバックスペースを繰り返してしまう」とか。
そんなシーンは誰にでもあると思います。
 
でもちょっと待って下さい。
そんな悩みを解決できる、文章を「早く書く方法」。
「正確に書く方法」があったはずですよね。

 
きっとあなたも活用したことがある“あの”機能。
忘れてしまっていませんか?

今回は、分かりやすい文章、伝わりやすい文章の書き方として、
「読み手に対してストレスを与えない文章」の書き方を紹介します。
 
ストレスを感じさせない文章を書く方法の1つは、
『簡潔な文章を書く』ことです。
 
それでは、この文章構成の原則についてお話ししていきますね。

『ですます調』とは、「文体」の1つである、「敬体」です。
敬体では、文章の語尾が単調となる欠点があります。
それが原因で文章のリズムが悪くなり、伝わりにくい文章となってしまうのです。
 
今回は、文章の書き方について、
「伝わる文章・読み手が読み進めたくなる文章」を書くコツについてお話しします。