現代広告の心理技術101の評価?そんなのに振り回される時間は無意味

今回の内容は、記事を書くのに必要不可欠な、
●『読み手の注意を引き付ける方法』
●『読み続けたいと思わせる方法』
これについてお話しします。
 
あなたが記事を書く時に、簡単に取り入れられる、
『簡単に読み手の注意を引きつける方法』。

これをすぐに実践できる、極めて即効性の高い方法があります。
それも、たった1つのポイントを押さえ、活用するだけです。
 
このスキルを学ぶために、僕が紹介する方法を取り入れることで、
あなたが損をすることはありえません。
その理由もお話しします。

あなたは媒体準備ができていますか?

これまでにこの講座で、
『ブログの開設』と、
『メルマガ配信環境』の準備についてお話ししましたよね?

どうでしょうか?
ブログとメルマガの準備はできていますか?

どちらも準備が整っていれば、
記事を書き始めることができますね。

もし、「どちらも準備していない」ということなら、
最低でも無料ブログの準備をしておくといいです。

アフィリエイトは、『記事を書く』ことが仕事なので、
情報を発信する媒体がないと始まりませんからね。

今回は、『記事を書くために必要なスキル』について
話を進めていきます。

ブログやメルマガの記事を書く前に

この講座で解説した、ブログやメルマガ配信環境。
もしもあなたが整えてあるなら、
すでに記事を書いているかもしれませんね。

それはそれで構いません。
かまいませんが、「記事を読まれなくては意味がない」ですよね。

たとえ寝る間を惜しんで丁寧に仕上げた記事でも、
見て、読んでもらわなくては、書いてないのと同じようなものですから。

そこで、読んでもらえる記事を書くためには、

● 読み手の注意を引く文章の書き方
● 読み続けたいと思わせる文章の書き方

を知る必要があります。

つまり、ライティングを身につける。

これは本当に重要です。
あなたに稼ぐ気があるなら、必ず学んでください。
なぜなら、文章の書き方で、稼げるか否かが決まるからです。

もしもあなたが、
「稼げなくてもいいからアフィリエイトのやり方が知りたい」
というなら、文章の書き方を学ぶ必要はないかもしれません。

逆に、

「稼ぐ気」があるなら、たった1つでもこの
『文章の書き方』を学んでください。

そうすれば、少なくとも
この世界で『戦って惨敗』することは防げるからです。

僕は、ここまで講座を受けてきたあなたが、
「稼げなくてもいい」なんて考えていないと思うんですよ。

『後から全部の記事を書き直し』なんてことになる前に、

今、

● 読み手の注意を引く文章の書き方
● 読み続けたいと思わせる文章の書き方

これを最初から学んでおくことをおすすめします。

「わかったよ染井。それでどこから学べばいいの?」
というあなたに、1冊の本を紹介します。

現代広告の心理技術101

⇒ 『現代広告の心理技術101』

見てもらうとわかるように、この本は
『物を売るための心理技術』の本なんです。

なので、この1冊から学べる内容で、
アフィリエイトで稼ぐのはもちろん、
どんな物でも売って稼ぐことができるようになります。

「いや、ちょっと待てよ染井。
いきなり何かを売るための広告記事を書くわけじゃないのに、
何で売れる広告の書き方を、今学ばせようとしてる?」

あなたはそう感じましたか?

そうですよね。
この本を、なぜこの流れで紹介しているかと言うと、

● 読み手の注意を引く
● 読み続けたいと思わせる

これは『どの記事にも必要な要素』だからです。

つまり、万能なテクニック。
『読み手の注意を引く』方法が、
「豊富な例を用いた」この本で簡単に学べるからです。

もちろんそんなの、この本の内容の極一部ですよ?

『現代広告の心理技術101』は、稼ぐための術、
コピーライティングを幅広く、たっぷりと学べます。

コピーライティングとは、

『商品を売るための文章の書き方』です。

『現代広告の心理技術101』は、数多く存在する
コピーライティングテクニックの『集大成』とも言える本で、
読み進めていくと、

「あ、この内容はあの本で言及していたな」とか、
「あの教材は『現代広告の心理技術101』を元に作られていたんだ」とか、
読んでいると、「『テクニック全部入り』の集大成だ」と気づきます。

「テクニックの1つ1つを細かく言及してほしい」という場合は、
それぞれのコピーライティング教材が役立つことは確かです。

しかし、

1. 『売るためのテクニックが丸ごと学べる』
2. 『読み手の注意を引く方法を、豊富な例から学べる』

という意味では、
この『現代広告の心理技術101』が最適と言えます。

理解のしやすさはピカイチでない、とは言え、『テクニックの集大成』だし、
特に、2.の『豊富な例』は、他ではない特徴だからです。

この本を読んでみることは、
あなたにとって、決して無駄にならないと僕は約束できます。

なぜなら、あなたはアフィリエイトで稼ぐために、
今、この文章を読んでいるからです。

⇒ 『現代広告の心理技術101』

そして、この本をここで紹介した流れの意味として、
具体的にページをあげれば、

『買わずにいられなくなる秘密のテクニック5
  心理的によく効くヘッドラインのキーワード』P161です。

『買わずにいられなくなる』の部分は、
とりあえずおいときまして、
今は、先程からお伝えしている

● 読み手の注意を引く
● 読み続けたいと思わせる

この部分に直結したテクニックとして存分に活用できる。
ということをお伝えしたいのです。

そしてこれは、
物凄く即効性が高いです。

「身についたからできた」というより、
「例を参考にするだけで、学んだそばから実践できる」ので、
誰でもすぐに読み手を引きつけられるからです。

だから、この1つのテクニックに関しては、
「即効性は抜群だ」。そう言えるのです。

たった2、3ページ。
163ページ~165ページの例を取り入れるだけで、
全く見向きもされなかった記事が大変身します。

まるでキャンディを使ってアリ達を呼び寄せるかのように、
読み手を集める記事に生まれ変わらせることができるのです。

この「秘密のテクニック5」は、読み手に興味を与えます。
アリ達にキャンディという「興味の対象」を与えるかのように。

記事を書き始めるなら、この
「秘密のテクニック5」を最初から利用してほしいのです。

反応の取れない記事を闇雲に量産しても意味はないのですから。

もちろん、この本を丸ごと活用することもできます。
アフィリエイトで活用できるテクニックばかりだからです。

それと、テクニックを活用すれば、
『惨敗』はあり得なくなりますからね。

これはあなたにとって、一生モノのスキルになります。
なぜって、活用シーンはアフィリエイトなんて
狭い領域のスキルではありませんから。

宝石や車など、高級品を売る人ほど、
徹底して身につけているスキルが詰め込まれているのです。

だから、あなたもこうしたセールスを、日々の生活で浴びています。
街の看板やチラシ、ティッシュやスマホ、そりゃもう至る所でです。

あなたは、「あちゃ~、これは無駄な買い物をしたな~」
という経験がありませんか?

もしあるなら、この本を読んで『売る側の心理』を知れば、
「なぜそれを買ってしまったのか」がわかるはずです。

そしてきっと『価値のある物』以外を買わなくなります。

無駄な物を買う心配がなくなるのです。

逆に、こうしたスキルを知らないままでいると、
悪意のある販売者に騙されてしまいます。

まるで、お祭りの夜に、たった数時間光るだけのブレスレットを勝手に巻かれ、
「はい500円ね」って買わされた時のように。
(これはただの強引な売りつけですが、僕の経験です。(汗))

「価値のない物」を、まるで「価値がある物」のように見せられ、
心理技術を駆使して買わされてしまうわけです。

そんなこともできてしまう強力なスキル。
それが『コピーライティングスキル』です。

それほどまでに強力な、『物が売れる心理』を、
あなたは学ばないまま戦い続ける自信がありますか?

どうか「ない」と答えて欲しいものです。

だってあなたが「ある」と答えてしまったら、
僕はあなたの惨敗する姿が脳裏から離れないからです。

残念なことに、このスキルを悪用する人間はいます。
悪意のある連中が、この業界にはたくさんいるのです。

僕は、あなたが毒牙の餌食になる前に、

「このスキルにたどりついて欲しい」。

そう思っています。

もしもあなたが、
「コピーライティングなしでも、すでに稼いでいる」というなら、
売り上げを2倍、3倍、いや4倍以上にすることもできる。

それが、「稼いでいてもコピーを学ぶ意味」です。

無駄な記事を量産しないで、
ぜひ、最初から『価値のある記事』を書いてくださいね。
それが今後のためになりますから。

しかし大絶賛するほど欠点のない本ではありません

ここまで読んでくれたあなたは、
僕がこの本を大絶賛しているように思えたかもしれませんね。

でも、それはちょっと違うんですよ。

「稼ぐためのテクニックが『てんこ盛り』で、(もう全部入りと言っていい程)
普通に読みやすく(凄くではないけど)、読んでいて楽しい。」

でも、欠点もあります。

この本は、『ダイレクト出版』という出版社の本です。
ダイレクト出版は、洋書を和訳して日本で売っています。
そのため、海外特有の『めんどくさい言い回し』が多いんです。

翻訳者が、日本人に分かりやすい文章となるように、
翻訳してあればいいのですが、「それほどでもない」印象ですね。

結果、「とても読みやすい・理解しやすい」とは言えません。

■ 海外特有の『めんどくさい言い回し』
■ 人によっては理解しにくく、スイスイ読めない

これが欠点として挙がります。

僕はこの本が楽しくて、どんどん読み進みましたが、
「ハリーポッターは楽しくてどんどん読めちゃうな~」
みたいな読みやすさではありません。

楽しいのは、

● スキルが身に付く楽しさ
● 「だからあの店はこれを!?」という謎が解ける楽しさ
● フルハウスみたいなジョークを真顔で楽しむような楽しさ

このへんですね。

現代広告の心理技術101の評価批判

現代広告の心理技術101の評判を調べると、
批判している人の記事が目に止まります。

しかし、批判している人の記事を読むと、

冒頭から批判を続けてきて、結局、

●「でも稼げるようになる」
●「読む価値はある」
●「売るための知識が容易に身に付く」
●「読めばその意味がわかる」

と言って、

最後にはしっかり、『⇒ こちらから買えます』

という具合に、紹介リンクをバッチリ用意してます(笑)

心底批判しているなら、こう書けばいいはずです。

■「稼げません」
■「読む価値はない」
■「買う価値はない」
■「活用できる部分は1つもない」

と言って、「だからこの商品のリンクは用意していません」と。

または、「こっちの教材の方がいいよ」という、
別の選択を提案するとか。

大部分を批判してきたにも関わらず、
紹介リンクを用意しているということは、
結局「活用価値を認めている」のと同じ意味です。

だって、結局、紹介、(販売)しているのですから。
それも、『批判で注意を引く方法』でね。

だったら、
最初から「この本の使える部分はここですよ」と言えばいい。

僕は、素直に「使える部分は活用すればいい」と思うのです。
だから、この本の具体的な活用ポイントをお伝えしました。

ただ、この本を批判する人の気持ちは理解できます。
『もっとわかりやすく、使えるテクニックが学べる教材』も他にあるからです。

しかし、僕が読んできたコピーライティングの教材では、
『現代広告の心理技術101』の『秘密のテクニック5』
のように、『すぐ使える豊富な例』はありませんでした。

だから、この部分は
『現代広告の心理技術101』を活用すれば、
即効性がある。そこに価値があると断言しています。

なにも、
「たった1つの教材だけから学ばなくてはならない」
「テクニック全部入りだから、全部理解しなくては」

ということはないのですから。

追伸

さっき僕は、

『現代広告の心理技術101』を手にすることは、
決して無駄ではない。そう言い切りました。

この言葉に偽りはありません。

『読み手の注意を引くための記事』を書くために、
『例』が豊富にあって困ることはないからです。

そして、『無駄にはならない』という言葉の意味を
もう1つ付け加えるなら、

『現代広告の心理技術101』は、
90日間の無条件返金保証が付いている。

これが、

『無駄にはならない』

『損をすることはありえない』という言葉の意味です。

※ダイレクト出版から直接買う場合の保証です。
 Amazon等でこの本を買う場合は、保証は一切ありません。
 ダイレクト出版から直接買わない場合は、保証がなく、代金も高くなります。

無条件で返金に応じる。
ありえませんよね・・・。

普通、書籍を買って、その中身を全部見た後に、
「これ返品します」なんて言って本屋に返せませんから。

でもそのありえない『返金』が保証されているのです。

どうかしてると思いませんか?
だって、書籍の製本代が結構かかっているはずですから。

しかし、販売側は本の内容に絶対の自信があるから、
返品なんて恐れていないんですね。

もしもあなたが、本の内容に納得できなくても、

さっきの、「あちゃ~、これは無駄な買い物をしたな~」
のパターンになっても、

どうなったって『無駄な買い物』にはなりようがないんです。
この保証があるのですから。

ちなみに、本にラインマーカーするなり、
書き込むなりしても、何の問題もありません。

「返金する時に本を返さなくてもいい」
そうなっているからです。

「無条件で返金できる」とされているので、
「なぜ返金するのですか?理由はなんですか?」とか
聞かれることはないはずです。

仮にあっても、答える義務なんてありません。
だって「無条件」の返金保証なんですから。

売る側は、こんなにもハイリスクな状態で、
両手を限界まで広げてあなたを待ち望んでくれています。

ここまでされて、あなたは『買わない理由』なんてありますか?

僕は『買わない理由』なんてみつかりませんでしたが、

あなたはどうでしょうか?

⇒ 『現代広告の心理技術101』

まとめ

今回は、

● 読み手の注意を引く

● 読み続けたいと思わせる

そのテクニックを身につける重要性についてでした。

即効性がある、このテクニックを簡単に活用できる。
その方法として、1冊の本を紹介したのです。

この「まとめ」にきてまで、
これ以上あなたの背中を押すことはしません。
あなたが「必要ない」と考えるなら、それも1つの答えです。

ただもし、「必要」と思うなら、
今、購入することをおすすめします。

本が手元に届くまで、しばらくかかるからです。
そして、『損をすることはありえない』ので、
「先のばしする意味がない」からです。

検討してみてください。