読み手にストレスを与えない、分かりやすい文章の書き方【文章作成の原則】

今回は、分かりやすい文章、伝わりやすい文章の書き方として、
「読み手に対してストレスを与えない文章」の書き方を紹介します。
 
ストレスを感じさせない文章を書く方法の1つは、
『簡潔な文章を書く』ことです。
 
それでは、この文章構成の原則についてお話ししていきますね。

分かりやすい文章の書き方【一文一義】

文章構成の原則の1つに、【一文一義】というものがあります。

これは「『一文』を、1つの事柄で仕上げましょう」。
という意味の原則です。

『一文』が指しているのは、
文章の書き出しから「句点」(。)までの部分になります。

これを心がけることで、「簡潔な文章」を書くことができ、
分かりやすい文章となるのです。

それでは、例を挙げますので、ちょっと体感してみてくださいね。

アフィリエイトを始めるにあたり、
多くの人が自分のパソコンスキルを心配し、
アフィリエイトを始めることをためらってしまいますが、
実際にはそれほど難しいパソコンスキルを理解する必要はなく、
成功するには、むしろ『文章の書き方』を学ぶことが大切です。

この例は、読み手にストレスを与える文章です。

あなたも、「読みやすい」とは感じなかったのではないでしょうか?

例の文章は、書き出してから、句点(。)までが
120文字という長い一文となっています。

そのうえ、『一文』の中身が『一義』ではありませんよね。

・ 自分のパソコンスキルを心配している
・ 始めるのをためらってしまう
・ それほど難しいパソコンスキルは必要ない
・ むしろ文章の書き方を学ぶことが大切だ

一文の中に、4つも事柄を含んでしまっています。

このような長い一文では、読み手はストレスを感じてしまうのです。

それでは、この例文を以下に改善してみました。
もう1度読んでみてもらえますか?

アフィリエイトを始めるにあたり、
多くの人が自分のパソコンスキルを心配しています。
 
そしてアフィリエイトを始めることをためらってしまうのです。
 
しかし、
実際にはそれほど難しいパソコンスキルを理解する必要はありません。
 
成功するには、むしろ『文章の書き方』を学ぶことが大切なのです。

どうでしたか?
文章のリズムも整い、1つ1つの事柄が、
スムーズに頭の中に入ってくると思います。

一文が簡潔になっていることで、
1つ1つの事柄を「なるほど」「それから?」
という気持ちで受け止めながら読み進めることができるのです。

『一文一義』には、このように
文章の「わかりやすさ」を引き出す力があります。

そしてお気づきだと思いますが、
「そして」や「しかし」を加えることで、
より流れが整い、読みやすくなっているのです。

多くのブログ記事を見ていると、
この『一文一義』ができていない記事を見かけることは珍しくありません。

分かりやすい文章・読み手にストレスを与えない文章を意識することは、
情報発信を行なう者として大切なことだと思います。

文章作成の原則【一文一義】。

ぜひ活用していただきたいテクニックです。

まとめ

わかりやすく、伝わりやすい文章を書く原則【一文一義】。
この原則にしたがい、「簡潔な文章」を書くことが大切です。

簡潔な文章を書くことにより、
読み手に余計なストレスを与えることがなくなります。

一文(書き出しから句点までの文章)の中には、
1つの事柄となるように心がけることです。

さいごに

今回お話しした一文一義は、
「全ての文章で必ず行なうべき」というわけではありません。

目的は『分かりやすい文章・伝わりやすい文章』を書くことです。

そのため、一文一義とならなくても、分かりやすい文章であれば、
それは『伝わる文章』となります。

こだわりすぎる必要はありませんが、今回お話しした原則は、
読み手のストレスを大きく左右することは間違いありません。

意識して取り入れてみてくださいね。