読んでもらえる記事(広告)を書くための強力な秘策とは

今回は、訪れた読者さんに「広告記事を読む」
という段階に至ってもらうにはどのような準備が必要か
ということについてお話ししていきます。
 
もしかするとあなたは
●「広告記事へのリンクをクリックしてもらえば読んでもらえる」
●「集客ができれば記事を読んでもらえるんじゃないの?」
そう感じていますでしょうか。

 
もしそうなら、あなたにとってこの記事を読む価値は必ずあります。
なぜなら、本来読み手は「記事などろくに読んでいない」からです。

“広告記事”が指すものとは

“広告記事”が指すものは「レビューやセールスレター」です。

しかし、読者さんに“記事を読む段階に至ってもらう”
ということについてはブログ記事においても同様と言えます。

記事を書く以上、“読んでもらえる記事を書く”ことは
あまりにも当然だからです。

文章を読んでもらうための秘策とは何か。
ご覧頂きたいと思います。

読んでもらえる記事を書く方法

では、早速結論をお伝えします。

それは、

『ヘッドコピー・サブヘッドコピーを準備する』

ということです。

ヘッドコピーとは、
広告記事を開いた際に、最初に読み手が目にする、
最も目立つコピー(文章)であり、

サブヘッドコピーとは、
広告記事の文章内に数か所用意された目立つコピーです。

『ヘッドコピー・サブヘッドコピーを準備する』

これは「結構なノウハウを暴露してしまった」
という感じのタネ明かしと言えます。

これは“年収5億円”を超える
「超一流コピーライター」直伝のノウハウの一端であり、
僕が推奨教材として挙げている
『ミリオンライティング』の一部だからです。

既にミリオンライティングを手にされている場合は、
77ページをご覧いただき、
是非ともおさらいして頂きたいと思います。

では、なぜヘッドコピー・サブヘッドコピーを準備することが、
記事を読んでもらうための秘策なのか。

お話ししていきます。

広告を読んでもらうためにヘッドコピー・サブヘッドコピーを設けるわけ

記事をせっかく書き上げても、
その記事を“読んでもらえない”のでは書いた意味がありませんよね。

記事を書いた側の気持ちとしては、

「これだけ読者さんの役に立つ記事内容なのだから、
きっと丁寧に読んでもらえるだろう」

そう思ってしまうことが結構あます。

しかし実際にはどうでしょう?

あなた自身が人の記事を一語一句もらさずに読むことは
どれくらいありえることでしょうか。

たまたま辿り着いたブログ記事の文章を、
最初から一語一句読み進めることはほとんどないと思います。

数字にしてせいぜい20%程の人しか
文章の頭から丁寧に読み進めることはないのです。

80%の人は“読む”という行動は後回しにしています。

あなたが80%側の“ほとんど読んでいない”人だと
言い切るつもりはありませんが、

おそらくあなたも最初は“読む”という行動は
起こしていないのではないでしょうか?

では、「読んでいない」「読む前」という段階では、
人はどのような行動を起こしているのか。

それは、

画面をスクロール(scroll)する

という行動を起こしています。

「そう言われると確かに」と思いませんか?

まず記事(広告)に辿り着いた読者さんに、
最初に起こしてもらいたい行動は、
「スクロール(scroll)してもらう」ということです。

広告記事を眼にした読者さんに、
「丁寧に記事を読む」という段階に至ってもらうためには、
“2つのステージ”をクリアする必要があります。

その1つ目のステージは、

●「スクロールという行動を起こしてもらう」ということ。

2つ目のステージは、

●「“読む”という段階に読み手を導く」ことです。

1つ目のスクロールという行動は、
「起こしてもらえて当たり前」ではありません。

ブログに訪問した最初の段階で、
スクロールもせずに離脱してしまうことも
十分ありえることだからです。

そのような離脱をおこされないように、
確実に読み手を惹きつける必要があります。

その役目を担うのが『ヘッドコピー』です。

ヘッドコピーで読み手の興味・関心を惹きつけることで、
「訪問後の即離脱」は防ぐことができます。

ここで必要となるのが、

『興味を引き付ける7つのキーワードコンセプト』です。
(ミリオンライティング64ページ)

※僕はアフィリエイトで成功するために、
そして無駄な情報に踊らされないために、
「コピーライティング」を身につけることは
絶対条件であると提唱しています。
 
そして、
「アフィリエイトで成功するためにコピーライティングを学ぶ」
ということにおいて、「最も実用的である」と推奨している教材が、
『The Million Writing(ミリオンライティング)』です。

⇒ The Million Writing特典付きレビュー

ヘッドコピーは奥が深く、キーワードコンセプトだけで
完成するわけではありませんが、
広告記事のみならず、記事タイトルなどでも
『興味を引き付ける7つのキーワード』は重宝します。

そして、

ヘッドコピーに興味を持った読み手は、
少なくとも“即離脱”という行動は起こしません。

そして『スクロール』という行動を起こしてくれるのです。

ただ、この段階でもまだ“読む”という段階には至っていません。

多くの場合、人が起こす行動は、

「スクロールしながら流し読みをする」という行動になります。

この段階では“読む”というより“見る”に近い状態です。

クリアできたのは1ステージだけということになります。


ですからこの段階では価値のある情報が書かれていたとしても
ほとんど読者さんには届いていないと思ってください。

実際あなた自身に置き換えて考えてみても、
そのようなシーンが目に浮かぶのではないでしょうか。

おそらく次のような状態です。

● 取り敢えず流し読みで画面をスクロールさせる

● 興味が持てればその後ページトップから丁寧に読み進める

これは前述した1つ目のステージである、
「スクロールという行動を起こしてもらう」ということ。

2つ目のステージである、
「“読む”という段階に読み手を導く」こと。

ここに当てはまっているわけです。

スクロールして流し読みをしている段階で、
文章全体に興味を持ってもらえれば、
記事の先頭に戻って丁寧に読んでもらうことができます。

この状態こそ「“読む”という段階に読み手を導いた」と言える状態です。

つまり、2つ目のステージクリアです。

では、流し読みの段階で文章に興味を持ってもらうには
どうすればよいのか。

その答えが、

『サブヘッドコピーで読み手の興味・関心を惹く』

ということになります。

つまり、広告記事では、

記事内容が重要であることはもちろんですが、
ヘッドコピー・サブヘッドコピーで
読み手の『興味・関心』を惹きつけておくことで
肝心の中身に集中して向き合ってもらえるのです。

これが今回の記事でお伝えする要点となります。

通常記事で読み手を“集中して読む”に導くには

このテクニックは通常記事にも応用できます。

興味を抱いてもらうためのヘッドコピーは、

興味を抱いてもらうための記事タイトルに。

興味を抱いてもらうためのサブヘッドコピーは、

興味を抱いてもらうための文字強調に。

それぞれ変えてあげれば良いからです。

強力なサブヘッドコピーを作り出す7つのポイント

ただ、

広告記事や通常記事、いずれにおいても、
正しく“興味関心”を引き出すコピーである必要があります。

それを可能とする7つのポイントがあるのです。

そのポイントとは、

1.興味を引くフレーズで◯◯に興味を持たせる
 
2.重要な部分、強調したい部分を◯◯する
 
3.読み手の考えを◯◯したコピーを打ち出す
 
4.何かの◯◯や◯◯を打ち出す
 
5.◯◯に対しての結論を打ち出す
 
6.◯◯して関心を寄せる
 
7.◯◯に利用する

肝心な部分が伏せられて、何だかよくわかりませんね。

しかしお許しください。

これ以上僕の口から暴露することは控えておきます。

この7つのポイントは
超一流コピーライターさんのテクニックであり、
詳細は『The Million Writing』の80ページで
明らかにされているものです。

サブヘッドコピーに関しては、
どの程度の間隔で打ち出すのが効果的、理想的であるか。
この部分についても明かされています。

また、

前述した『興味を引き付ける7つのキーワードコンセプト』と
『サブヘッドコピーにおける7つのポイント』を合わせることで
強力に読み手を惹きつけることができるのです。

まとめ

記事全体を集中して読んでもらうには、
読み手に興味や関心を抱いてもらう必要があります。

読み手から興味関心を引き出すには、
ヘッドコピーやサブヘッドコピーを用意する必要があるのです。

そしてそれらのコピーを強力なものとするために、
7つのキーワードコンセプトや、
サブヘッドコピーにおける7つのポイント、

1.興味を引くフレーズで◯◯に興味を持たせる

2.重要な部分、強調したい部分を◯◯する

3.読み手の考えを◯◯したコピーを打ち出す

4.何かの◯◯や◯◯を打ち出す

5.◯◯に対しての結論を打ち出す

6.◯◯して関心を寄せる

7.◯◯に利用する

これらが欠かせないものとなります。

結局のところ“文章で人を行動へと導く”には
(紹介した商品を買ってもらうには)
「コピーライティングを学ぶという選択以外ない」
ということです。

そして、

あなたがアフィリエイトで稼ぐために
コピーライティングを学びたいというのであれば
『The Million Writing』が極めて実用的であるとお伝えしておきます。

⇒ The Million Writing特典付きレビュー

今回この記事でThe Million Writingの一端に触れて頂いたことで
その実用性が多少なりとも伝わったのではないでしょうか。

それではまた