ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは

今からお話しするマーケティング手法は、
情報発信ビジネス、アフィリエイトの軸となる重要な手法です。
これは、極めて強力で永続的なマーケティング手法となります。

そしてこの手法は、ビジネスで稼いでいる人が必ず行っているものです。
なぜ、必ず取り入れているのか。そこからお話しします。

永続的なマーケティング手法DRM

その手法は、
ダイレクトレスポンスマーケティング
略してDRMといいます。

なぜDRMは、稼ぐ人が必ず取り入れているのか。
それは、インターネットを使って商売をする時に、
DRMが1番手っ取り早いからです。

もっと言えば、
『高い売り上げを期待できる方法』が、
これしかないからなんですね。

にも関わらず、このDRM。
教えている所が凄く少なすぎます。

あなたは学校でDRMを習いましたか?
きっと習っていませんよね。

大学のマーケティング授業でも、
この極めて大切なDRMを教えていないんです。
アメリカでは教えているところもありますが、
日本では教えられていません。

なぜなんでしょうね?
ホント不思議すぎます。

これが「1番実践的」なのに。

なので、ぜひですね、
あなたにはこの『DRM』を知っておいてほしいわけです。

たとえ、あなたの学歴がどんなものであったとしても大丈夫ですよ。

だって、日本の大学に入ってマーケティングを学んだ人より、
あなたの方が実践的なマーケティングで闘えるんですから。

ダイレクトレスポンスマーケティングの、

ダイレクトが指すものは、『直接』であり、
レスポンスが指すものは、『反応』です。

直接お客さんの反応をとるマーケティング手法。
それが、DRMです。

DRMでは、お客さんに対して直接反応を促し、
行動を起こしてもらいます。

例えば、
● 記事を読んだ人に感想を書いてもらう
● プレゼントを受け取ってもらう
● アンケートに答えてもらう
● 紹介した商品について質問してもらう
● 商品を購入してもらう

これらは全てお客さんが起こしてくれた行動です。
こうした『行動』を起こしてもらうために、反応を促していきます。

例えば、
「わからないことがあったら質問してくださいね」と促して、
『質問』という『行動』を起こしてもらう。

これもコミュニケーションなわけです。

つまりDRMは、
「直接お客さんとコミュニケーションを取っていく手法」

ということになります。

そして、DRMの目的の1つは、
『安定して稼ぐための仕組みを作る』ことです。

そのために何を行っていくか。

それは以下の3つになります。

1.集客(お客さんを集める)

2.教育(価値のある情報を提供して学んでもらう)

3.販売(読み手に必要なコンテンツを紹介する)

このたった3つのステップです。

『価値のある情報』は、あなたが選ぶ「テーマ」の情報になります。

例えば、あなたがダイエットに関する知識があり、
ダイエットの情報を提供するブログで、アフィリエイトを行なう場合は、
『価値のあるダイエット情報』を提供する。ということですね。

もしかしたらあなたは、
「価値のある情報なんて持ってないんですけど・・・」
そう思ったかもしれませんね。

でも、心配はいりません。

なぜなら、あなたがアフィリエイトを始めるなら、
必ず『アフィリエイトを学ぶことになる』からです。

教材やプログラム参加により学び得た知識。
そこに、あなたの体験談・レビュー等、付加価値が付いた解説があれば、
それが『価値のある情報』と言えます。

つまり、『アフィリエイト』をテーマに選び、
あなたが学んだ情報を、あなたから発信していけばいいのです。

って言われても、
「それで、具体的にはどのように進めていけばいいの?」
と疑問に思うかもしれませんね。

では、あなたがアフィリエイトをどのように進めていけばいいのか、
もう少し具体的にお話ししますね。

1.ブログを立ち上げ、そこに『価値のある情報』を用意しておく
 
  検索エンジンからお客さんを集める
 
  すると、『価値のある情報』を見たお客さんは、
  そこで学ぶことができ、内容や発信者に興味を持って
  メルマガに登録してくれるようになる
 
2.メインの教育はメルマガで行なう
  (読者さんとより近い関係で教育できるのがメルマガだからです。)
 
  そして教育とともに信頼関係を築いていく
 
3.信用・信頼を得た状態で販売(売り込み)を行なう

これがDRM
(ダイレクトレスポンスマーケティング)の流れです。

※ブログに訪れた訪問者(読者さん)を「お客」としていますが、
「あなたがアフィリエイトブログを作り、
そこに検索エンジンから訪問してきた人は、
読者さんであり、お客さんなのです。」

ビジネスで稼いでいる人は、必ずDRMを実践しています。
もちろん、ブログ・メルマガアフィリでもです。

それは、
『効率よく稼ぐ仕組み』を作るのに、欠かせない手法だからですね。
そして、DRMが『永続的な手法』だから。

なぜDRMが欠かせない手法で、しかも『永続的な手法』と言えるのか?

だって、考えてみて下さい。
『人間がコミュニケーションを取らない時代』
そんな時代は永遠にきませんよね?

だから永続的なんです。

そして、コミュニケーションなしで、人の心が動くわけないですよね?
それでは人が行動するわけないんですよ。

だからDRMは、永続的で、ビジネスに欠かせないんです。

この手法意外に、
『効率良く行動を促せる手法』はありません。
その理由を続けてお話しします。

なぜ最も効率良く行動してもらえるのか

あなたが紹介した商品を『購入してくれる見込みのある人』
これを『見込み客』と言いいます。

お客さんは、ブログに訪問した時点で、
そのブログのテーマ(内容)に興味がある人なので、
この段階で『見込み客』と言えるのです。

その見込み客に直接アプローチして、
反応があった人に商品を紹介する。
これが最も効率良く行動してもらう手法です。

なぜなら、興味を持っている人に、
その興味と直接関係している物を「これがいいのでは?」と、
紹介するからですね。

例えばTVCMで『物置』を「100人乗っても大丈夫~」って紹介していても、
あなたが物置に興味がなければ、全く響きませんよね?

でも、『イケてる物置比較サイト』を検索した人は、
今まさに物置に興味を持っています。
物置について聞きたいことがあれば、質問するんですよ。

発信者が回答すれば、それは直接コミュニケーションですよね。
見込み客とは、直接反応が取りやすい。
だからDRMは、世界一合理的なマーケティングというわけです。

ダイレクトレスポンスマーケティングは世界一合理的な手法

ビジネスの業界においてDRMは、
世界一合理的なマーケティング手法です。

DRMは100年以上前にアメリカで始まりました。
そして現在もこの手法は廃れるどころか第一線で活用され続けています。

それは、
この手法が永続的だからです。

現在、億単位の売上をたたきだしている企業も、
100年以上前から確立されたマーケティング手法である
このDRMにならっています。

ひょとしたらあなたは、

「大企業が実践するマーケティング手法を
個人で実践するなんて可能なの?」と

少々不安に感じましたか?

大丈夫です。
先程もお伝えしたようにDRMは
たった3つのステップしかありませんから。

1.見込み客を集める(集客)
 
2.見込み客を教育する(価値ある情報を提供し、学んでもらう 価値観の共有、信頼関係構築)
 
3.見込み客に商品を紹介する(コンテンツ販売、売り込み)

この3つのステップを踏むことで、
最終的には少ない作業時間で
多くの価値を提供することができます。

なぜ少ない作業時間でそれが可能なのか。
それは【DRM】によるレバレッジにあるのです。

レバレッジとは

【レバレッジ】というのは
『テコの原理』のイメージがピッタリあてはまります。
teko

テコの原理をもってすれば、
小さな力で大きな物を動かせますよね。

ネットビジネスにおいても、
テコの原理のように、
1人の小さな力で、大きな結果が出せます。

『完成したコンテンツ』の提供先(読者)
を増やせば、大きな結果を生むことができる。
それがDRMだからです。

例えば、メール文章を作成し、メルマガとして1人に発信しても、
10,000人に発信しても、文章作成や配信作業は1回ですよね。

メルマガ発行者の労働時間は、
読者さんが1人でも1万人でも変わりません。

しかし読者さんが増えれば増えるほど、
提供できる範囲(価値)はどんどん広がるので、
同じ1度の作業(小さな力)で、膨大な人数(大きな物)の
“人の心”を動かすことができるのです。

これはブログコンテンツでも同じですよ。
記事を完成させて、集客対策を行なうことで、
提供数は無限に増えていくわけです。

1度完成させた『稼ぐ仕組み』が、永遠に報酬を稼ぎ続ける。
これが、DRMを駆使したアフィリエイトの流れです。

この原理はあらゆるビジネスに活かすことができるため、
どんなビジネスにも当てはまる究極の方程式とされています。

だからあなたもDRMを身につければ、
情報を求めている多くの人にたいして、
情報を提供することができるのです。

DRMは、長期的に継続して価値を提供しつづけ、
収入をもらい続けることができる。

そんな永続的なマーケティング手法なのです。

廃れることがない永続的な手法であるため、「今更?」なんてあり得ません。
いつ学んでも確実に効果を発揮します。

だから、あなたが今からDRMを活かしたアフィリエイトを学び始めても、
「始めたのが遅いから稼げない」ということはないはずです。

DRMの特徴は、

● 直接反応が取れる(行動を起こしてもらいやすい)
● レバレッジが効く(少ない力、時間でも、広く価値を提供できる。だから1人でも稼げる)
● 『集客⇒教育⇒販売』という、100年以上続く永続的な手法

このようなものです。

DRMの流れ(詳細)

この記事で最初にDRMの流れについてお伝えしましたが、
更に、もっと詳しくお話ししておきます。

分かりやすくお伝えするために、テーマを、「アフィリエイト」に選定し、
アフィリエイトブログ及びメルマガで、DRMを取り入れた例をそのまま挙げますね。

あなたが実際に実践していると思って読んでみてください。

1.
まず、『テーマを「アフィリエイト」に選定したブログ』を作ります。
 
2.
そこで、アフィリエイトに興味がある訪問者の
『役に立つ記事』をアップしていくのです。
(価値のある情報提供)
 
3.
すると、アフィリエイトに興味がある読者さんが、
検索エンジン経由でブログに訪れるようになります。
 
4.
読者さんが、あなたのブログの『役立つ記事』を読み、
「興味・関心」を持つのです。
 
5.
興味・関心を持った読者さんは、あなたから発信される
より詳しい情報を受け取りたいと、メルマガ登録を行います。
 
6.
メルマガで、「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教え(教育)、
質問や感想などを受け取っていくのです。
(質問回答等でコミュニケーションをとり、信頼関係を構築する)
 
7.
その他、「アンケートに答えてもらう」「プレゼントを受け取ってもらう」等。
直接コミュニケーションをとり、信頼を得ていきます。
 
8.
そうして信頼関係が構築できたら、商品を紹介していくのです。

これがDRMの流れとなります。

ポイントとなる部分は、
「メルマガで信頼関係を構築する」という所です。

これは「メルマガで情報発信をすれば信頼される」とは
意味が違うことはわかると思います。

つまり、
やみくもに記事を量産していてもダメなんですね。

発信する情報記事を書くのに欠かすことの出来ない
『必須スキル』を身につける必要があるからです。

この『必須スキル』を学んでおかないと、
せっかく情報発信を行っても、読者さんからの信頼を得ることはできません。

そして、あなたの書く文章でお客さんから信頼を獲得できないということは、
あなたから商品が売れることは、あり得ないのです。

アフィリエイトで稼ぐために
必ず身に付ける必要がある『必須スキル』

これは『アフィリエイトで稼ぐこつ』と言えます。

それが何であるか、
以下の記事をご覧ください。

⇒ 読者さんからの信頼を獲得するために必ず必要なスキル