知覚動考とは/考えるより先に動いても(買っても)安心な情報教材とは?

知覚動考という言葉をご存知ですか?
今回は、アフィリエイトを行なう上で
大切な『マインド』についてお話ししていきます。

考えすぎずに動き出すことの大切さ

あなたも、こんな経験があるのではないでしょうか?

「最初はちょっと怖く感じていた」
「好きになるとは思わなかった」

でも、
「体験することによって思考が変わった」という経験。

例えば、自転車に始めて乗る時って、ちょっと怖かったと思うんです。
一発で乗れるようになった人は多分いないと思いますし。

でも、「コツがつかめてきて、進める距離がどんどん長くなった」
「乗れるようになったら、凄く自転車が好きになった」。

そんな経験をしている人は多いのではないでしょうか?

今回は、それに似た話。
『考えすぎて動けなくなる前に体験する』ことの大切さについてのお話です。

「始めてみる」ことが「好きなこと」や「できること」を増やす

何についてもそうですが、
初めてのことってちょっと怖いですよね。

ちょっとどころではないこともありますし。

それが行動を起こす妨げになってしまうのですが、
同時にこんな経験もあるのではないでしょうか?

「最初は怖かったけどやってみたら楽しかった!」

という経験。

僕は子供の頃、ウォータースライダーがなんか漠然と怖くて、

「何あれ、楽しそうにおりてくるけど安全ベルトもないし、
勢いで横から落ちたら絶対助からないよね!危な!」って、

そんなことを感じていました。

しかし、友達に誘われて一緒に階段を登ります。
でも、その階段が既に怖いんですよね。

階段を登り終え、順番を待ちます。
待っている間も、

「別に、階段を降りて地上まで行くこともできるし、
無理に滑り降りる必要はないよね」

なんて引け腰感丸出しで、ドキドキしながら待っているのです。

でも順番はやってきて、
係員に、「はい次の方~」って呼ばれてしまいます。

ここまでくるともぅ

『あ、やっぱり階段でおります』

なんて言えない(汗)(汗)

もう行くしかない・・・そう思ってスタート地点につき、
係員の指示通りにスタートさせます。

すると、グリングリン左右に揺さぶられながら、
水と一緒に身体が流れていくわけです。

気づけば全身が水の中に投げ出され、
「プハァーっ」と浮き上がる。

waterslide-398249_640

『・・・・・たのっ   しぃ!!』

やってみたら凄く楽しめた!!!

行動より前に頭で考えすぎてた。
体験もせずに頭で考えすぎて怖さばかりに
ピントを合わせすぎていたのです。

こんなに楽しいなら考えすぎずに
体験すればよかった。

そう思えた時、体験した後は既に、

stairs-6519_640

あの階段は
恐怖の階段ではなくなっているのです。

2度めに登る階段でもドキドキ感はあります。
でもそれは、恐怖でのドキドキではありません。
楽しむことへの、「好奇心や興奮」でのドキドキです。

ムダに頭で考えていては、

いつまでも恐怖を傍に感じながら
階段を登り続けているようなものです。

それでは、何においても真髄に触れることはできません。

考えれば考える程、不安はムダに膨らみ、
何も好転するような結果を生まないからです。

知覚動考とは

既にビジネスを学んでいるなら知っているかもしれない言葉、

知覚動考(ちかくどうこう)

あなたはご存知ですか?

知らなかったとしてもいいんですよ。
だからこそ今、
こうして僕から発信する意味があるわけですから。

知覚動考とは仏教や禅の言葉なんですが、
アフィリエイトにもピッタリと当てはまるんです。

「 知る → 覚える → 動く → 考える 」

この順番が望ましいという、流れを意味しています。

凄く有益な情報を知っても、
動かなければ何の意味もありません。

行動を起こさなければ、そこに何も生まれないのは当然ですよね。

知覚動考で動けば 『得』 と言える教材&プログラム

ネットで稼ぐ方法を知っても、大抵の場合は、

● 自分はパソコンのことはあまりわからない
● きっと自分には難しいだろう
● もっと情報を集めてからやるか決めよう
● 今は他にやるべきことがある
● 会社に複業がバレないだろうか
● 個人情報が心配

など、

「多くのことを考えすぎて動かない人」が凄く多いのです。

でもですね、
動かなければ何も始まりません。

最初に踏み出すべき一歩を躊躇してしまう人は、
やる前に余計なことを考えすぎているのです。
僕もそんな多くの人の一人でした・・・。

● サーバーを選ぶ時も、
● メルマガを始める時も、
● 教材を買う時も、

結構時間をかけて、「もっと安いのがいいのでは?」
「難しくてできなかったらどうしよう」と、

無駄な部分に頭を働かせては、時間を無駄にしていたのです。

でも、サーバーもメルマガも、着手してみたら難しいことはありませんでした。
パソコン音痴だった僕でも、今では人並みに使えるようになっているのです。

特にメルマガなんて、メールを経験している人なら普通に配信できますからね。
「難しそう」なんて考え過ぎたら時間の無駄になってしまいますよ。

ただ、通常、情報教材購入や、プログラムへの参加は、
それなりの高額ですから、「考えずに始めてください」とは言えません。

しかし、

僕がおすすめしている、「情報教材やプログラム」は、
「お金の心配をする必要はない」と、言い切ることができます。

なぜなら、本当の意味で、『全額返金保証』が後ろ盾となっているからです。

つまり、
「考えすぎずに始めてください」と、強気で言えてしまう教材。


それが以下の教材、『The Million Writing』と、
『Copyrighting Affiliate Program』です。

⇒ コピーライティング教材『The Million Writing』

⇒ 本格的な王道アフィリエイトノウハウ『Copyrighting Affiliate Program』

おすすめする理由は、保証だけではありません。

あなたが、『稼げるアフィリエイター』に育つために必要な、
「最適な環境」が、『Copyrighting Affiliate Program』1つで揃うからです。

『The Million Writing』はコピーライティング教材ですが、
この教材でアフィリエイトを行なうこともできます。

ただ、『Copyrighting Affiliate Program』に参加することで、
『The Million Writing』は手に入るので、

● 「サーバーの設置やドメインについてもわからない」
● 「わからないことがあった時、的確な回答が得られるサポート付きで安心したい」
という場合は、『Copyrighting Affiliate Program』の環境は特に最適と言えます。

『The Million Writing』と『Copyrighting Affiliate Program』。

これらにおいては、正に、
「考えすぎて動き出せない」のはもったいないですよ。

なぜなら、最適な環境の元、アフィリエイトを実践できて、
やむを得ず諦めたとしても全額が返金される環境なわけですから、
『考えているだけ時間の無駄』と言えるからです。

それこそ、『知覚動考』で動くにはピッタリな教材とプログラムと言えます。

知っていても、覚えたとしても、動かなくては意味がありません。

知覚動考を意識しておかないと、
どんどんムダに時間を消費してしまいます。

ほとんどの方は「知覚動考」ではなく、
   ・・
「知覚考動」になってしまうのです。

『動』までいけばまだマシですが、最悪は
「知 → 考」となり動けなくなるほど考えこむことです。

やってみることで初めてわかることが
本当に、本当に、多くあります。

やる前の悩みは凄くレベルの低いもので、
やった後は、別次元のレベルの高い悩みしか残らないのです。

『動きながら気づいたことを考える』

これが知覚動考を意識した人の動き方になります。
最も時間的効率が高く、成功している人が
間違いなくセットしているマインドです。

そしてですね、

この『知覚動考・ちかくどうこう』。

ともかくうごこう
知 覚 動 考!!

という、別の読みも出来てしまいます。
しかも意味までリンクしちゃうのです。

面白いと思いませんか?

これできっと、あなたは知覚動向を忘れることはないでしょう。

知覚動考

追伸

アフィリエイトを始める環境において、
僕は、『Copyrighting Affiliate Program』以上のものはないと思います。

極めてシンプルな王道手法で『集客から成約』までが成立するからです。

例えあなたが、『全額返金保証』を利用したとしても、
『アフィリエイトを学ぶための最適な環境』で得た知識は絶対に残りますよね。

サーバー契約、ドメイン取得、ブログ開設など。
駆け出しのあなたがわからないことは、
全部プロのサポーターが解決してくれるんですよ。

そういったことも含めて、
『アフィリエイトで稼ぐための最適な環境』とお伝えしているのです。
プログラムの内容を、あなたの目で確認してみてください。

「知った上で確認」という行動を起こす。

それも、「1つ『知覚動考』を実践した」と言えると思います。
ぜひ一読してみてくださいね。

⇒ コピーライティング教材『The Million Writing』

⇒ 本格的な王道アフィリエイトノウハウ『Copyrighting Affiliate Program』

それではまた。